3次元映像地図は
タウンマネジメントを快適にします

3Dシティマップで街づくり・再開発に活用。
オープデーターのプラットホームとして地域の観光に活用。
全国どこの地域でも建物でも、撮影データを基に様々なコンテンツや現地情報を表現。
3次元映像地図はタウンマネジメントを快適にします。

写真計測技術による立体映像地図の作成

10m間隔で撮影した映像を3Dデータに変換。
高精度の立体映像を作成、いずれの箇所でも仮想空間による設計が可能です。
地図情報に加え、インフラ基盤から観光情報まで組込むことが可能で、Webを通じた情報発信ツールとして幅広く活用できます。

導入事例

3Dタウン地図

現状の電柱や標識を排除したり建物の高さを意識した景観映像が確認ができます。

バーチャル広告

Web上で店舗やホテル、観光名所や施設案内を検索、外部リンクで詳細情報を知ることができます。

道路埋設物の管理ツール

平面だけでは理解できない地下埋設物の設置情報や白線等の摩耗管理履歴、路面舗装管理などを立体化。