持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

私たちの取り組み

日本防災技術センターは、国連が提唱する「持続可能な開発目標」に賛同し、実現に向けた企業経営が重要だと考えています。現在も、安全・安心・快適の創造という事業特性を踏まえてSDGsの目標の中から取り組むべき課題を抽出、それらの解決に向けた活動を展開しています。

省エネ性能に優れたLED照明等高効率な誘導灯や照明製品への切替事業を積極的に進めています。また、電気の使用量を24時間監視する「デマンド監視システム」の導入や高効率空調機へのリニューアルを推進しお客様の節電対策に貢献しています。

減災に向けた取り組みの中で、企業を対象とする災害対応マニュアルの策定支援や災害やテロ対策用の人命・財産を守るという信念を持ち、大規模化する災害に向け、被害の軽減及び最小化に向けた建物や設備の劣化診断技術の向上を図ります。

環境負荷につながる製品の回収とリサイクル活動を進めています。全国に展開する拠点をリサイクル窓口とし、廃消火器のリサイクルに向けた活動を徹底しています。ビル清掃事業では環境負荷のかからない自然洗浄剤を利用しています。

全国にネットワークを持つ当社は、数多くの企業様とパートナーシップを築いています。お客様・パートナー企業・当社、全てのステークホルダーがWin-Winの関係を築いていくことが持続可能な開発目標の達成と企業の持続的発展を可能にすると考えております。